シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フュージョンドライブの作成方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Fusion Driveで遊んでみたので書いてみようと思うー。

では、まずfusiondriveとは何か

Fusion Drive は Mac 上では 1 つのボリュームとして表示されますが、アクセスを高速化するため、頻繁に使うファイルが自動的かつダイナミックにフラッシュストレージに移動され、あまり使わないファイルはハードディスクに保存されます。その結果、コンピュータ本体の起動時間が短縮されると同時に、システムがユーザの作業スタイルを学習していくにつれてアプリケーションの起動やファイルへのアクセスが速くなっていきます。Fusion Drive はこれらをすべてバックグラウンドで自動的に処理します。

簡単に言うとfusiondriveとはSSDの利点の速度とHDDの利点の容量を合体させていいとこ取りしようという物

Appleではカスタマイズで24500円ほどでFusionDriveにしてくれる。

ではまず必要な物は

SSDとHDDが内蔵された Mountain Lion以上が搭載されたMacintoshとOSが入っているUSBである

*USBに関しては後日作り方記載

ちなみに自分のiMac21.5インチは元々は5400rpmのHDDを使っている。

つまりなにが言いたいかというとクソ遅いHDDを使っているのである。

ちなみに自分の場合はあまりにストレスがたまったので、去年買って2日でドライバを購入し、画面を分解してSSDにすでに交換している。

なので自分の環境であると

iMac本体はSSD、外付けでUSB3.0でHDDの中身が5400の余っていたHDDを使うことになる。

1、OSの入ったUSBを接続し、optionキーを押しながらMacを起動する。

2、MacOSXが起動したら、ディスクユーティリティでSSDとHDDをフォーマットする。フォーマットはMacOS拡張(ジャーナリング)、オプションでGUIDパーティションテーブルをチェックする。

3、ターミナルを起動して

diskutil listを入力してエンター(return)

現在接続されているディスクの一覧が表示される。Fusion Drive化するディスクのBSD名を、容量を手掛かりに確認する。

/dev/disk0

/dev/disk1

などといった物がたくさんある人とない人がいるだろう。

自分のSSDとHDDを確認してdiskナンバーを確認

次に

diskutil cs create myFusion disk0 disk1

と入力

この後ろのdisk0 disk1などは自分のSSDと HDDのdiskナンバーを先ほど確認したやつを入力

myFusionは他の単語でいいが変えないほうがわかりやすいだろう

次に

diskutil cs list 

と入力すると

CoreStorage logical volume groups (1 found)

|

+– Logical Volume Group 英語と数字の羅列

=========================

Name:

この英語と数字の羅列のところをドラッグをしてコピーをしておく必要がある。

 ちなみにこの32桁の英数字をUUIDという。

次に最後

diskutil coreStorage createVolume UUID jhfs+ PPP 100%

このような形でコマンドを入力

UUIDのところには先ほどコピペッタ32桁の英数字

PPPのところは好きな英語の名前を入力してかまわない

以上で完了なのであとは普通にOSXを再インストールすればいいだけである。

あとは自分の環境で速度を試したらこのような結果に

writeの速度が遅い。

そしてreadもそんなに速度は出ていないが、もう4年以上前に買ったINTELのSSD128GBと5400rpmのHDDなので結構速度は出ているのではないだろうか・・・。

なにより、パソコンを使っていてHDDのイライラは感じられない。

そもそもSSDで60GBも使っていなかった自分がこれに換えた理由としてiCloudDriveを使い写真を保存するようになったという現実があるからである。

そのそもおかしい話なのはiCloudDriveは何故外付けのHDDに保存できないのかが疑問である。

母艦に必ずiMacを持てということなのか128GBのmacbookAirをメインとして使うなということなのか

それとも256GBは最低でももて、ということなのか不思議なところだ

ちなみに200GBのiCloudDriveは月400円

以外と使ってみると便利なので是非。

そんな自分はDropBoxも30GBぐらい無駄あるのだが、DropBoxよりも使い勝手はいいのかもしれない

スクリーンショット 2015-04-18 0.24.41

ちなみにこのアプリはこれ

https://itunes.apple.com/jp/app/blackmagic-disk-speed-test/id425264550?mt=12&ign-mpt=uo%3D4

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク