シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

英国版American Express を作った(UK版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イギリスに来て、もう半年以上たつのかーと思うこの頃、ずっとデビットカードばかりを使っていて、アホらしいなと思ったので、AMEXのグリーンの申請をしてみた。

申請から一週間で届いた話

イギリスとは何もかも遅い国で、申請から1ヶ月以上はかかると思っていた。

ホームページより申請して行く途中で他にアメックスのクレジットカードを持っているか?

という質問があったので、自分が持っている日本のクレジットカードの番号等を記載していった。

そこから2日後、パスポートの画像を送ってくれとアメックスからメールがきた。

とりあえずパスポートの画像をスキャンして送付。

そこから3日後にクレジットカードが発行され届いた!!!

イギリスなのにやるな・・・?!

びっくりしたものである。

これがイギリス版だ!!!!

イギリス版と日本版との違いは、今新しく発行したら多分ICチップつくはずなのはそうなんだけど

色が少し濃いということ。

そして数字が黒いということが違いなのではないだろうか?

スクリーンショット 2016-05-27 19.54.38

よく見ると・・・申請も適当だったのに通った話

member since が2014年になってる!!!!

おぉ・・・AMEXのグリーンを日本で取得したのが2014年の大学3年の終わりかな?

そのクレジットカードを持ってたがゆえに通ったのかもしれない!

とりあえず、住所確認等、電話番号入力は全くなく、預金確認等も全く無かった。

更には、銀行口座入力等も必要なかった。あと貯金額とかも入力必要だった気がしたけど

あまりに質問が多かったのでほぼ0で通した。

そして、職業の欄もemployで選択したら、職場の住所等色々書かなきゃならなく、めちゃくちゃ書くのがめんどくさいのでunemployedで申請した。

もちろん年収もゼロで申請をした。

やっぱりAMEX内での社内審査があったのだろうというのが個人的な見解である。

AMEXを取得してから2年間で約1000万ほど使っているし、支払いの滞りも一回もなく一括。

年収がイギリスのアメックスだと22000ポンドぐらい必要とかなんとか書いてあったけど

実際は初めてAMEXを取得する人意外で、まともに支払いしている人は気にしなくてもいいみたいであった。

さすがにでもみんながこうとは限らないだろう・・・

自分の場合、1年目で500万使った時点で、プラチナのインビテーションが来てたわけだしそれぐらい社内信用度は高いのかもしれない。

ただ、ある程度の期間AMEX使ってたら意外とすんなり、AMEXのクレジットカードは発行できるのかも。

それこそ思ったのが、住所確認もなかったので、例えば旅行とかで1ヶ月とかイギリスに滞在してホテルの住所で登録したりしてフロントに受け取ってもらえば、アメックスの社内信用度高そうな人は簡単に作れてしまうのかもしれない。

年会費はたしか60ポンド

少し高めなのかな?

ただ、まぁそれぐらいの価値はあるAMEXなので

スポンサーリンク