シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

日本と海外はなぜ電圧が違うのか?変圧器は必要か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

現在ヨーロッパでは220V〜240V、日本では100Vとなぜ国によって電圧が違うのか?

理由は特にあるわけではないが戦前から220V〜240Vが主流になったそうです。

電気の実用化が始まった当初は、ヨーロッパでも電圧は120ボルト前後でしたが、戦前から220~240ボルトが主流になったそうです(米国はいまも120ボルトです)。
240ボルトは、食器洗い機、電気調理器、乾燥機など短時間に多くのパワーを必要とする電気機器に好都合とのこと。つまり、100ボルトの2倍以上の仕事量が可能となるのだそうです。そういえば、こちらの電気ポットはすぐにお湯が沸くので、やかんや保温ポットなどがあまり普及していません。
一方、100ボルトはプラグが小さくてすっきりしていることからもわかるように、安全性の面で優れているようです(確かに、英国の3本足プラグは大きくて邪魔になります)。万が一に感電しても、海外に比べて命にかかわる危険性が圧倒的に少ないとか

240ボルトは、食器洗い機、電気調理器、乾燥機など短時間に多くのパワーを必要とする電気機器に好都合とのこと。つまり、100ボルトの2倍以上の仕事量が可能となるのだそうです。

国ごとのコンセントプラグの表

スクリーンショット 2016-01-22 18.15.11

スクリーンショット 2016-01-22 18.14.11

海外でiPhoneの充電器は使えるのか?

iPhoneは世界共通、電圧も世界各国どこでも対応しているので問題はないのである。

ただし、コンセントプラグだけは別なので、コンセントプラグだけ購入しなければならない。

アマゾンで200円ほどで、コンセント変換プラグがあるのでそれを買えばいいだけである。

海外旅行で、変圧器は必要か?

よくあるのが変圧器が必要かどうか?

という質問。

海外に変圧器は今の時代ほとんど必要ないだろう。

例えば古いパソコンとか古いスマートフォンとかフューチャーフォン(ガラケー)などの充電器は対応してない可能性が結構高いので必要である。

スポンサーリンク