シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イギリス運転免許証、免許切り替えの書類の書き方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

2015年の3月から大使館での日本の運転免許証の翻訳証明である「自動車運転免許証抜粋証明書」をもらう際に郵送ではできなくなってしまったので、ちょっとめんどくさくなった。

そしてDVLAの書類は何を書けばいいか、ネットにないのである程度書き置きしておく。

約二週間で来ました。

こんなかんじでした 。

イギリス運転免許証をやっと手に入れた!!意外と簡単!!!
イギリスの免許証が結構早く届いたのでそれについて。

切り替えの流れは以下の通りだ(日本大使館より)

以下の①から③までを詳しく解説していく。

日本大使館のだとわかりにくかったので。

http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/ryoji/menkyo.html

1.切り替え手続きの流れ

日本の運転免許証の翻訳証明である「自動車運転免許証抜粋証明書」を当館において申請し取得
英国の運転免許庁
DVLA(Driver & Vehicle Licensing Agency)
管轄地域:イングランド、ウェールズ、スコットランド
DVA(Driver & Vehicle Agency)
管轄地域:北アイルランド
において必要書類を提出し英国運転免許証への切替えを申請
DVLAより英国運転免許証が発給され申請人に郵送
DVLAに上記②の申請時に提出した日本の運転免許証が当館に返還
当館より申請者に連絡し、日本の運転免許証を返還

①、自動車運転免許抜粋証明の取得方法

まず、大使館に直接出向く方法と、郵送の2つの方法がある。

どちらかで、手続きをして2営業日後に取りに行くというのが手続きの流れである。

ロンドンから離れたところに住んでいる人は、郵送の方がいいだろう。

ここでの注意点は、Googleの検索で、郵送で取得した人を沢山見てきただろうが、現在は郵送では証明書を絶対に送ってもらえないため、必ず、必ず、ロンドンの日本大使館に出向かなければならない

また12ポンドの代金がかかる。

【来館申請に必要な書類】

  1. 現在有効な日本の運転免許証 
  2. 申請者の旅券原本
  3. 申請書
    運転免許抜粋証明書申請書ダウンロード  記入例

【郵便申請に必要な書類】 受領は来館のみとなります。 Special Deliveryの利用をお勧めします。

  1. 現在有効な日本の運転免許証
  2. 申請者の旅券のコピー (顔写真のページ及び、記載事項に変更がある場合はそのページ)
  3. 申請書
    運転免許抜粋証明書申請書ダウンロード  記入例

上の書類を郵便で以下の宛先までご送付ください。
宛先: Certificate Officer, Consular Section, Embassy of Japan
101-104 Piccadilly, London W1J 7JT

②、書類を申請するほう方法

まず、近くの郵便局に行き、DVLAの書類をもらう

この際、郵便局にいってDVLAの書類くださいといえばぶっきらぼうにはいよと渡されるだろう。

次に、書類を書く、書類の書き方

表面

スクリーンショット 2016-01-14 7.28.24

記入する場所

しかくの一番

A first provisional (learner) license ( with a view to passing test) の欄にチェック

一番下の方の、

To exchange my non-UK licence for a GB licence の欄にチェックを入れる

次の

which country issued it ? の横の長い枠にJAPANと記入

その次の

In which country did you pass your test ? の横の長い枠にJAPANと記入

しかくの2番

一番上から名前と住所を記入していく。

何かあったときのために、書かなくてもいいが必ず電話番号とメールアドレスを記入するべきだろう。

必ず忘れずに、

Country you were born in

If you have lived in another EU/EEA country in the last 12 months,please tell us which:

と2つの質問にJAPANと記入しよう。

その次の

What date did you come to live in UK ? にはイギリスに来た日を書いておこう。

しかくの3番

ここはドナーはどうするかというところなので、自分が事故とかで死んだ場合なんの臓器を提供できるか、チェックしよう

しない場合はチェックしなくていい。

裏面

driver

記入する場所

しかく4番

一番上の

Have you ever had, or do you currently suffer from any of the following conditions ?

という、健康に関する質問に答えよう何もない場合にはNoにチェックを

ここで何か問題がある人の場合はちゃんと申告するように、ただ、その後どうなるのかはわからない。

しかく5番

Part BのところのPassportにチェックを入れて

Please Write the serial number of the document you are enclosing.

という質問の下の長いわくに、自分のパスポートの旅券番号を記入

しかく6番

写真本人確認の署名は不要である。

DVLAに問い合わせて確認したが、写真の署名は不必要であるということらしい。

パスポートを送った場合は(必ず送らなければ何だけど)パスポートで人が確認できるから問題ないらしい。

そのため写真の裏にも署名はいらない。

しかく7番

ここは最後に、すべてのことに間違いはありませんと記入した日付と、

自分のサインを記入する。

以上で終わり。

次に送付

宛先:DVLA, Swansea SA99 1BT宛に、

43ポンド分の小切手もしくは、郵便局でのpost order

記入した書類

パスポート

日本の免許証

翻訳証明書

上記をいれて送付

送付の際にはSpecial Delivery がいいだろう。

③、最後に受け取り、

約三週間以内で、免許パスポートがもらえることになる、

これを受け取ってから、あとは日本大使館から日本の免許が大使館に届くのを待つだけ

届いたあとは大使館にとりにいくか

special delivery の封筒を大使館に送り郵送してもらうのどちらか。

証明書取りにわざわざ行くのがほんとめんどくさい

合計でかかった代金は70ポンドぐらいだろう。

免許代43ポンド、翻訳12ポンド、写真代5ポンド、郵送代忘れたけど10ポンドぐらい

1.4万で50年近く有効な免許ってよくね?

スポンサーリンク

コメント

  1. freeganka より:

    こんにちは、ちょうど自分のブログに免許証切り替えのことを書いていたので、やり方としてこちらのブログにリンクを貼らせていただきました。

    • PPP より:

      リンクありがとうございます。
      最近は、http://bokunoikirumiti.comでやってたりしますのでよかったらこちらもみてくださいー