シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

KDDIが国際通話定額サービス「au国際通話定額」を発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

KDDIが国際通話定額サービス「au国際通話定額」を発表したんだけどこれってメリットあるの????

内容はこちら

KDDIと沖縄セルラーは7日、15分以内の国際通話を月50回まで定額料金で利用できる「au国際通話定額」サービスを発表した(ニュースリリース、 別紙)。

対象となるのは国内通話定額プラン「カケホ」または「スーパーカケホ」に加入している4G LTEスマートフォンおよび4G LTEフィーチャーフォンのユーザー。データ定額5/8/10/13加入ユーザーは月額980円(免税、以下同様)、データ定額2/3加入ユーザーは月額1,480円で利用できる。1回の通話が15分を超えた場合、超過分の通話料金は30秒あたり20円。また、51回目以降の通話では15分まで300円、15分以降は30秒あたり20円の通話料金がかかる。

サービス提供開始は3月で、2月10日から申し込み可能となる。サービス開始時点ではアジア10地域(インド、タイ、韓国、台湾、マカオを除く中国、ネパール、フィリピン、ベトナム、香港、マレーシア)、北米・南米5地域(アラスカを除く米国、カナダ、ブラジル、ペルー、メキシコ)、オセアニア2地域(グアム、ハワイ)、欧州6地域(イギリス、オーストリア、オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スウェーデン)の計23地域が定額対象になる。

別紙にau国際電話サービスの対象地域への通話料が記載されているが、30秒あたり20円~95円と幅がある。英国の相手とau国際電話サービスで15分通話すると1,950円なので、回数が少なくても1回の通話時間が長ければ通話料金を減らすことができる。一方、短時間の通話が月に50回を超える場合はかえって通話料金が増える可能性もある。たとえば、米国の相手と1分間の通話を月に60回する場合、au国際電話サービスでは合計2,400円、国際通話定額では回数超過分だけで3,000円かかる

考察

うーん微妙なところではあるけどやすいのかな?とは思う。

最近だとLINEとかSkypeとかカカオトークとかそっちで、電話する人が多いのだけど、

今回のAUのプランはどちらかと言うと、Skypeとかで月額契約してる人を奪う形になるのではないかなと思う。

LINEなどのネット使った電話との違い

よく、LINEなどの電話を使えばいいではないか?

という話にこういう時はなるのだけど

実際海外の事情だとそうでもない。

特に地下鉄や、ビルの中だとWi-Fiが飛んでいなく更に3Gなどのデータ通信が使うことができないことがまれにあるのである。

あまり日本に住んでいて見たことないと思うがEという表示だったり、

そもそも圏外ということもあったりする。

その中で、今回のこのプランのいいところは、電波が通じないところでは話は別だけど、

電波は通じるけどネットが使えない場所でも相手は電話が取れるというところがいいところなのではないだろうか????

でもしかし。

上記のような状況で電話をしなければならないということが自分はあまりないし、

むしろ、今回のプランどちらかと言うと長電話がメイン

そうであれば、LINEなどのデータ通信を使った電話のほうが確実にいいじゃん!!!!!

なんだかなーと思った次第である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク