シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ラスベガスでポーカーとオンラインポーカーの違いについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

オンラインポーカーとLas Vegasのカジノでやったポーカーの違いについて

自分は、ミラージュホテルのカジノでポーカーをひたすらやっていましいた。

IMG_6512

結果だけいうとオンラインポーカーのほうが絶対いい


ミラージュホテルカジノでは、Mlifeというポイントカードがあり、

ポーカーを1時間やるごとに、2ドルキャッシュバックされます。

その2ドルでレストラン等でご飯を食べることができます。

オンラインと違ったところ

オンラインと違ったところは運でした。

運という言い方はポーカーの世界では良くないのかもしれないけれど、ほんとに運が悪いと

いいカードが全然こない。あとは、みんなレイズばかりしてくる、必ず弱いカードでも場を見に来るようなプレイヤーが多いので、結構やりにくいというところがあります。

たとえ、AAをポケットで持っていたとしても、フラッシュ狙いのプレイヤーがいたりで

おろそうとレイズしても降りなかったりすることが多い。

ルール等

一般的なのが1−2ドルのノーリミットと1-3ドルのリミット

リミットは最低が30ドルから

2時と7時だっけかな?60ドルのトーナメントがあります。トーナメントは20人で賞金は1位だけで1000ドル

チョップという制度がある。ビックブラインドとスモールブラインド以外が全員降りた場合

二人で決めてその試合をなしにすることができる。

ちなみに、最低のBuy-inの金額は30ドルだが、プレイ中であればいつでもいくらでもチップを入れれる。

例えば、残りチップが1ドルになった倍最低の金額30ドルでなく1ドルで入れることもできる。そんな人いないけど25ドルとかでもおkということね

必ず持っていかれる場代

必ず、コール、レイズをしたらポットから1ドル持って行かれます

それだけでなく、場が始まったら必ず1ドル持ってかれます。

ポットをとったら

ポットをとったらかならずディーラーに1ドル渡すというのが常識らしい

飲み物は無料だけどチップ

飲み物はどんなものでも無料です。

女性の(比較的おばちゃん)ウェーターが飲み物いらなーい?ってこえかけてきます。

お酒だろうとなんだろうと無料で、チップをとりあえず1ドル渡せばおkです。

プレイヤーはどんな人たちか

半々で、半分が地元の人、半分が観光客という感じでした。

観光客よりもやっぱり地元の人が強く、地元の人が全力で奪っていく感じです。

一番凄かったのは

カナダのトロントから来ている20代後半のAppleウォッチ(ゴールド)100万のやつ

をつけている日系の実業家の人が500ドル近くみんなから奪っていったというところ。

運もあっただろうが、リミットで500ドルって・・・3時間ぐらいでした。

最後は明日飛行機早いから帰るよと言って勝ち逃げ

彼が負けたところ見てないな・・・

オンラインとどっちがいいのか?

絶対にオンラインのほうがいいだろう。

場代がなんにせよ高いのである。

全プレイヤー共通だが、毎回1ドルずつ消えていくと

むしろレイズやコールで更に取っていかれ・・・チップも渡す必要があり

プレイヤーが儲けるには常に勝ち続けなければならなく、さらにゼロサム・ゲームでもない

オンラインのキャッシュゲームの場合はそういった場代もなく、

トーナメント以外は場代がないので、紳士的だといえる。

そのためオンラインでやったほうが合理的だろう

ただし、オンラインカジノはできない

ラスベガスではオンラインのカジノは違法であり、やることができない

そのためリアルでやるしかない。

観光客と、地元の人の違い

地元の人はみな通っている。そのため彼らはポーカーを結構詳しく知っており、強い手札でのみ勝負を仕掛けてくる。そのため1対1になれば彼らの手札はだいたい絞ることができる。

観光客は、22のペアでもレイズしてくる。

彼らはわかりにくく例えば34のスーテッドであってもコールしてくるのである。

フラッシュドローやストレイトドロー、スリーカードを狙ってくる。

なので、彼らと1対1になった場合はどうすればいいか難しいところである。

自分もいちどあったのが自分がAAを持っていて、レイズから始めた。

7人がそれについてきて、

フロップで、7,3,10とでて、フラッシュドローもない状況この状態で更にレイズで次にJが出た。

この状況でもフラッシュドロー無し

更にレイズして、それに一人だけコールで次に2が出てきた。

最終的にもう一度レイズして相手をオール・インさせた。

観光客(イギリスからの)が22のペアを持っていて2が最後にでて引かれてしまって負けてしまうという

最低な状況に。

とこんな感じで結構観光客はたとえ2のペアであっても2と3のペアであってもコールしてくるのである。

地元の人は強いカードを持っていなければ降りるが、観光客は降りないことが多い

こういった相手と勝負するのが結構、わかりにくく大変

ただ、だいたいこういうプレイヤーは最終的にはかもれてしまい、3時間以内には

大体退場していることが多かった。

スポンサーリンク