シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イギリスの大学院の出願方法について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イギリスの大学院の出願方法について

大学院の出願を自分がした大学と受かった大学
最初はエクセルでまとめてはいたものの最終的に、まとめるのもめんどくさいぐらい
応募してしまったので、覚えている範囲で書いていく

Queen Mary
Newcastle
City University London
University College London
Brunel University
University of birmingham
University of Greenwich
Portsmouth
Birkbeck
University of East London
University of Southampton
Middlesex
University of Essex
University of Lincoln
Cardiff University
Liverpool Johnmoores University
Bangor University

・・・とこんな感じ
とりあえずイギリスのLLMに行きたくてQueenMaryとNewcastleが第一志望で他のところはとりあえず出してみた感がある感じ
一応結果だけ書くと全ての大学院に受かって
逆に落ちたところがないという状況
イギリスは比較的簡単に受かるみたい
ということで、今後行きたい人のためにも一応内容を書いておこうと思う。

イギリスの大学院の受験方式は
自己推薦
教授の推薦2枚(場所によっては3枚)
GPA(成績)
卒業証明書(仮でも可能)
IELTSの成績
が必要

出願期間は基本的に前の年の10月から場所によっては12月からはじまるところも

ちなみにうちの大学成績が優良可不可という方式を取っておりGPAがなく不可も成績にはいらない
なのでGPA換算すると
優4 良3 可2 不可なかったことに
という他の人から見たらずるい結果になる
不可なんてなかったけどGPA3.0だったけど少しでもあげたかったので可の単位を全て不可に変えてもらい、優でなければ単位いりませんということをしたおかげで3.3までGPAが上がった。

ちなみにIELTSの成績は基本6.5必要だけど
なしでだしても合格もらえる
ただ入学までに6.5は必要
ないと5.5以上とかだと学校によってはプレセッションに入学させられる。

多分、ここにたどり着いた人の大半はそんなこと知ってるよレベルなので自分が一番困った
推薦書と自己推薦は次の記事であげようと思う。
調べる場合はブログ内検索で、自己推薦と教授の推薦で出てくるはずである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク