シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

友達にパソコンの修理を頼まれたらどうすればいいか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

よく友達にパソコンの修理を頼まれたりするんだけど、どうすればいいのか

自分でも困る時がある。頼んでくる人たちは、ボタン何回かおせば治るんでしょ?的なことを思っている人ばかりである。

修理を頼む側からの人間からしたら、

いや簡単に治せるんでしょ?けちくさい事言わないで修理してよ!というだろう。

きっと、なんかしらの方法で簡単にすぐに直せると思っているのだろう

時間何てたいしてかからないとでも思っているのだろう。

もちろん自分の場合は、仲の良い友達に頼まれたら修理をしてあげているのだけど

そうでない人にも頼まれることが多い。

別に見返りを求めることもないんだけど、部品代請求して9500円だったところ1万円渡されて

あ、これ残りは手間賃ってことで!と渡されるのは流石にいらっとするものである。

そこでネットで色々調べたのだけど

意外とそういうこと頼まれる人ってたくさんいるみたい。

そして面白いページが有ったので、引用してみようと思う。

http://japan.zdnet.com/article/35038255/

それにしてもこのサイトなんかうちのSAFARIからだと糞開きにくいんだけどなんなんだろう。

chromeだったらましなのに、いや重たい!!!

この自分のパソコンが重いということは普通の人のパソコンだとどうなるんだよ!!!

10個の無償でパソコン修理を引き受けたら行けない理由が掲げられていた。

手助け以降に発生した問題はすべてあなたの問題になる。

あなたの時間が尊重されないことがある。

さらなる問題を引き起こす可能性もある

人は無償のものに価値を見出さない

無償のITサポートを今後もずっと期待する

人は無償のITサポートを得られると危険な行為に走り出す

コンピュータ関係の手助けだけでは済まなくなる

雪だるま式に範囲が広がっていく

あなたのサービスは無償ではなく、貴方自身のお金が出て行く

コンピューターの修理は仕事にあまりにも似通ってる

確かにわかるかも!

特に個人的に許せないのが、時間的な問題と、

自分の問題に全てなってしまうところと

更に、何故か自分自身のお金が出て行ってくるところ

ありえなかったのが幾つかあり、

友達の家に修理に深夜の2時とかに行った

修理に行ってコインパーキングにとめて、帰りがけに車どこに止めてるか聞かれ

コインパーキングと言ったら、家に駐車場あるよと! は????

お金はなぜか俺が払った。

HDD飛んだので、代用のHDDをつけて動かしてあげて、新しいHDD頼んでる最中に

このままでいいよ!

よくねーよ!!!こっちが!!

自分もお金もらおうとはしないし、お礼も求めることはないのだけど

流石に少しぐらいあってもいいのかなって思うことはある。

ただ、よく考えるとこういうのは基本的に、仲がすごいいい人はそうではない気がする。

仲のいい人とかだったら別に何も見返りもなしに修理に行ったりしてあげてはいる

まぁむしろ彼らもお金払うとか、ご飯おごってくれたりとかするから別なんだけど

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク