シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

住んでる世界が違うとはどういうことか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

男女だけではなく友人とかとの価値観の違いを感じたり、住んでる世界が違うなって思ったりすることがよくあると思う。自分は逆によく、住んでる世界が違うよねと言われることが多いのだけど、何が一番原因なのか考えてみた。

何が一番、価値観の違い、住んでる世界が違うと感じさせるのか?

今までの生活環境、実家の裕福さから一番に変わるのではないだろうか?

むしろ他になにかあるのかというと難しいところ。

家庭環境の違いが価値観の違いということを仮定して検証していく。

世帯収入によってなぜ世界観が変わるのか?

まず世帯の人数の平均は2.49人らしい。

当たり前だがまだ2015年は終わってないので、

2014年の世帯所得の中央値は415万

上流階級、中流階級、下流階級

とてもこの言い方をするのは嫌いなのだが、世の中には三種類に分別されるらしい。

貯蓄の割合ももちろんあるが、今回はそこまでは見ることができないので、

世帯収入の割合で上流、中流、下流と分けようと思う。

どのように分別するかがすごく難しく、ネットで調べても色々出てくる。

上流階級 900万以上

中流階級 500万以上

下流階級 300万以下

とでも定めて見るとする。

ちなみに上流階級だけは明確な根拠があり、900万以上の所得があっても幸福度が変わらないという研究結果が出ているからである。

ただ、もちろん上流階級より更に上がいることは間違いないがそこはおいておく。

家庭で一人あたり年に使えるお金

まずはじめに下の中央値と同じように計算して出た結果がこれである。

中央値 415万÷2.49=166万

上流階級 360万

中流階級 200万

下流階級 120万

ここからわかることは、上流階級の人と中流でも一人あたりに使える金額が160万、

下流と比べると、240万も変わってしまう。

仮に半分の金額にしたとしても80万と120万

もちろん、この金額すべて使えるかって言うとそうではないが、

ただこれだけ違えば住んでる世界が違うと感じてもいいのではないだろうか?

むしろ待った違うだろう。

年間別に80万あればどんなに楽になることか

更に言えば、一人あたりで80万円の違いである。

80万の差は具体的にどう違うのか?

私立の大学の学費は文部科学省の学生納付金調査によると、857,763円

それに加え施設整備費が187,007円になるので入学金を加えると合計1,314,251円。

この金額は、公立大学766,127円

つまり簡単に言うと、私立であったって、半分以上の差がでる。

残り約50万を毎年払えばいいと考えればいいと考えるのであれば、どうだろう?

学生の扶養家族が外れない103万以下で抑えられ、残り50万で遊ぶことも出来る。

もちろん下手に一人暮らしとかしたら別

追加で言うと、この差で子供が奨学金を借りるかどうかが変わってくる

奨学金だけはかりてはダメだ

所得の世帯別でみるとどれくらいか?

1000万未満の所得の割合が88.38%

900万未満の所得の割合が84.42%

700万未満の所得の割合が73.41%

600万未満の所得の割合が66.37%

500万未満の所得の割合が57.24%

400万未満の所得の割合が45.68%

300万未満の所得の割合が32.31%

900万が上流階級だとして、85%以上の人が彼らより下ということになる。

つまりどういうことかというと、85%の人と上流階級の人からすると価値観が合わないと感じてしまう。

たとえ、200万の猶予を持たせて、700万の、73.41%を参考にしたとしても、

それでも7割近くの人と価値観が合わないと感じてしまうだろう。

逆に考えると世帯収入400万の中央値の人たちからすれば・・・・

なんかもう考えるのも嫌になってくるね!

最終的に

じゃあ結果どうなのかっていうと、

まぁここまで読んでたら分かる通り、価値観が違うってやっぱ

実家の裕福さ、世帯収入の差で出てくるんじゃないかなぁ・・・・

自分も親は共働き、一般企業+公務員で最強の組み合わせ?で

世帯収入を計算したこともないけど

きっと2000万ぐらいあるのだろう

仲のいい友達の実家も基本何故か、自営業もしくは1000万超える家庭である。

友達に世界観違うと感じたこともないし、言われたこともない。

ただ、やっぱり上には上がいて、もっと高収入というかなんだろう

ほんとに、あ、こいつ違うわwwww

っていう人はたくさんいる。

こんどこそ最後に

つまり何が言いたかったかというと

昔塾の先生がこんなことを言っていた。

類は友を呼ぶという言葉を知ってるよな

この言葉の通り、同じ人同士が集まる。

バカは、バカと常に一緒にいるし

頭のいいやつは頭のいいやつ同士で集まる

お金持ちはお金持ちと一緒にいるし

貧乏人は貧乏人と一緒にいる。

世の中そんなもんなんだよ。

頭を良くして、いい大学入りたかったら

頭の良い友だちを作りなさい

と、何百人もいる講義で言っていたのが今でも印象的

そして今であればなその意味が完全につかめるようになった気がした。笑

引用とか

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/20-21-h25.pdf

http://www.nanchatte.com/money/income/

chart2012

スポンサーリンク