シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

国境閉鎖、もしくはフライトキャンセルされた場合の海外旅行はどうすればいいのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フランスでテロがあって、国境閉鎖された場合どうなるのか?

海外旅行の予約がある場合どうすればいいのかを考えてみた。

まず、国境閉鎖された場合

今回のフランスの国境閉鎖

実質的な閉鎖はしていない。

実際は、パスポートを確認しますよという閉鎖らしい。

フランスなどのヨーロッパ諸国はパスポート無しで入国できるので、今回の事件で

パスポートを100%確認するということになった。

可能性として、完全な国境閉鎖された場合は入国できないだろう。

フライトキャンセルされた場合

ここからは何かがおきて、フライトキャンセルやその国に行くことができなそうになった場合

どうすればいいかの対処方法を考えてみることにする。

飛行機の変更

フライトがキャンセル、ストライキで止まった場合など

まず航空会社に連絡する。

ストライキの場合同じ会社は無理だが、もともととっていた航空会社に電話をして飛行機の変更をしてもらう。

フライトの変更によっての損害

クレジットカードの保険などを確認

主にクレジットカードには保険が付いている。

例えば、ロストバゲージの時も保険がついてたりする。

それ以外にもクレジットカードによっては海外・国内航空便遅延保険がついているので、

ホテルのキャンセル代金などがかかった場合どうすればいいかをクレジットカード会社に連絡して、どう手続をすればいいかを考える。

フローチャートネットでひろったので

1 2

今回のようなパリの件

どうすればいいのか考えたところ

現在、わかってるところを考えれば、今からキャンセルするのが一番なのかなぁと思う。

実際いってから入国できませんでしたー

なんてことになる前にフランス、及びヨーロッパ旅行はキャンセルしたほうがいいだろう。

といっても自分はイギリスに住んでいるわけで、12月からフランス旅行いくんだけど・・・笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク