シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アメリカ旅行にはVISAが必要なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

12月にアメリカ旅行行くのだけど、てっきりビザ申請などは必要無しでいけると思っていたら。

実は申請が必要だったみたい。

スクリーンショット 2015-10-31 22.37.53

アメリカに行くには必ず事前にESTAの申請が必要

2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム参加国(VWP)の渡航者は、旅行促進法により定められた14ドルのESTA料金を支払わなければなりません。ESTA申請は旅行前ならいつでも可能です。通常一度承認されれば、米国へ複数回の渡航が可能で、ESTAは2年間または申請者のパスポートの有効期限、あるいはその他再申請しなければならない状況が発生するまで有効です。すでにESTA認証を受けた渡航者は必須項目以外の情報更新の際にはESTA費用を支払う必要はありません。だだし、新しいパスポートを取得したりESTAを再申請する場合には費用の支払いが必要になります。ESTA費用は渡航認証申請時にESTAのシステムを通して支払います

ESTAの申請ページ 全て日本語

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e2s1

省略すると

アメリカに行くには日本国籍のものは必ずESTA申請が必要です。

申請は14ドルで、有効期限は2年間

ただ、観光は90日以下でないといけません。

申請すると

即座に結果が表示される。

回答には3種類あります。

「渡航認証許可」は、ESTAが承認されましたので、ビザ免除プログラムでの渡米が可能です。申請番号と有効期限が表示されていますので、このページを印刷して保存しておいてください。

「渡航認証保留」、ESTAは審査中です。再度ESTAサイトにアクセスし、申請状況を確認してください。回答は申請後72時間以内にご確認いただけます。

「渡航認証拒否」ESTAは承認されませんでしたので、最寄の大使館・領事館でビザの申請が必要です。

とこの3つらしい。

自分の場合は一瞬で通って

こんな感じだった。

ESTA

 ビザ免除プログラムは、現在下記の国籍の方に適用されています。
アンドラ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルネイ、チェコ、*(New)チリ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、日本、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、韓国、サンマリノ、シンガポール、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、台湾、英国

にしてもこの国を見ているとアメリカが友好的な国とそうでないという国がよく分かる。

中国はなくて台湾あるって言うところがとても面白い。

中国人は台湾は自分の国とかよく言っているけど・・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク