シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イギリスで銀行口座の開設方法 2015年 最新情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イギリスの大学に行ったら、必ず必要なのが銀行口座

大学じゃなくてもまぁ生活で必要なのが銀行口座

それ知ってるよ!他のサイトで見たよってことから詳しいことまで最後まで読んでねー笑

まず下調べに知っておくこと。呼び名とか単語

  • 普通預金口座:Current Account
  • 定期預金口座:Saving Account
  • 銀行口座 :Bank Account
  • 口座を開く :Open an Account
  • 口座を解約する :Close an Account
  • 入金 :Deposit
  • 引き出し :Withdraw
  • 振込み :Transfer
  • 送金 :Wire Transfer Service
  • 残高 :Balance
  • 暗証番号 :PIN Number
  • 個人用小切手 :Personal Check
    (Cheque)
  • 利用・残高通知 :Bank Statement
  • 残高証明書 :Bank Certification Letter
  • 口座維持費 :Maintenance Fee

まぁこんな感じ。銀行によっては呼び名が違うが、基本はこの名前で通じるだろう。

我々、一般的に使うのであれば普通預金口座(Current Account)を作るのが普通。

定期預金口座とかは、こっちで働いてたりとか貯金をしていくのであれば作ってもいいと思う。

さぁここからが本題で、アップル信者の僕はアップルペイに対応している銀行じゃなければ嫌だ!!

そうアップルペイで支払いたい!!!

HSBC,NatWest,Lloyds TSB,Barclayなんて4大銀行があろうがなんだろうが関係ない!!

という話である。

ではここでアップルの公式から引用したい。

http://www.apple.com/uk/apple-pay/

Screen Shot 2015-10-06 at 20.08.17

ということで以上の銀行で作らなければならないという条件がある。

といってもほぼすべての銀行に対応している。

結果どこ行ってもいいということである。

開設に必要な書類

必ずVISA、パスポートの二点

最後に住所の証明(Proof of address)

以上3点

ただ、最初のVISA、パスポートの2点は常に持ってるものなので、

むしろ持ってないとおかしいものなので、いいのだけどすべての人が困るのが

住所の証明である。

対策としては、どのサイトにも書いてあるが

大学、大学院、語学学校に住所の証明を発行してもらうこと

というのが一番の王道

仕事してる人は職場からの発行もあるらしい。

証明が発行できない場合

http://england-shin.jp.net/archives/2130

http://yuukiweb.blogspot.co.uk/2014/03/blog-post_17.html

上記のサイトを非難するわけではないが、なくて作れるかというと9割がた無理だということ。

自分も上記アップルのサイトに掲載されている、レスターの支店銀行、すべてに行ったが

すべて断られた。

何が、あっても無理だよ住所の証明がないとということを言われた。

いや、でもこのサイトに書いてあるのロンドンじゃん?

って思う人もいるだろう。

安心してほしい。ちゃんとご丁寧に行ったのである。

大学の学費の支払いの期日までに、銀行を作りたくてロンドンまでわざわざ再度出向いて

作れるかと聞いたのだが、どの銀行も全滅。

期待して70ポンドほど払って2時間かけて行ったのが台無しである・・・・。

くそが・・・・。

結果、郵便物でいいとか、

銀行の残高証明でいいとか、色々書いてあったが、無理であった。

結果必要なのは、大学や職場からの住所証明書かもしくは携帯を除いた公共料金の支払いの請求書などであった。

どこも頑なに何度訪ねてもダメという結果に終わった。

でも待って!!!

結果作れないよ!じゃ意味無いじゃん!!!

という話である。

銀行に直接行って無理ならオンラインでやればいいのではないだろうか・・・?!

ということであった。

LLOYDS BANKとHSBCは少なくともネットから作ることを推奨していて、

基本的に、オンラインで手続きしてねという感じだった。

もちろん、その場で、作ることもできるのが拝み倒して、書類がないと無理だということだった!

ということで、もし証明がない人は、オンラインから手続きを済ませればいいという話であった。

口座を解説する前に

すべての、書類が揃った。

よし口座を開設しにいこう。

そう思って出向いても結果作れないという現実。

ほんとにイギリスって・・・

ッて思ったのがこれ。ほとんどすべての銀行が前もってのアポイントメントがないと

作れないらしく、

というかアポイントメントないとほぼ通してくれない悲しさ。

ということで、必ず書類を集める前に、予め書類が揃っている日程を予測して

アポイントメントをとっておくのが一番いいだろう。

最後におすすめ

最後におすすめはnationwideとnatwestがおすすめなのかなと思う。

ただ、よくわからなかったがnattiestはinterest(金利)がゼロパーということ

なのであんまり良くないのかもしれない。

金利と、使いやすさを比較すると一番はNationwideでその次がSantanderだろう。

あとは国内にも銀行の支店があるHSBCもいいが

ここは金利があんまりよくない(少なくとも今自分が見てる時はよくないので

個人的にはNationWideが一番いいのかなー

スポンサーリンク