シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イギリス、アメリカなどの海外の大学院、大学行くときのGPA計算方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

大学によってはGPAがでないところとかもあるので、

そういった場合、自分で計算しなければならない。その際の計算方法

http://www.back2college.com/gpa.htm

GPA計算のサイトはこちら

コースのところは入力しなくていい

Credit hoursのところには単位数

Gradeのところでは自分の単位に沿ったGPAを

大学によって単位の付与が違うが

例えば優良可不の場合

優=A

良=B

可=C

不=D

で算出する。

また、もちろんとってる科目がこの枠では収まらないと思うので、その場合は

同じ成績のものの単位を合計して入力すればいい。

また、大学によって不可は表示されない場合もある

学年ごとの成績通知にはでるが、最後の証明証の段階で不可はなかったことにされることもあるのである。

その場合はラッキーだと思っていい

自分が可しか取れない教科は教授にいって落としてもらったりしていけばGPAを底上げすることができる。

海外の大学院に進学する場合は最低でもGPAが3.0ぐらいはほしい。

3.5あればもっといい

そのためには自分みたいな授業に出たくなくサボりまくっていた人にとっては

成績を上げるためにコツが必要になる笑

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク