シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ひつまぶし食べてきた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ところでひつまぶしとうな重の違いって知ってますか?

僕はわかります←今日知りました。

違いとしては

ひつまぶしは、うなぎの蒲焼を1センチ幅ほどの短冊に刻んで、おひつの中に入れたご飯の上にまぶした名古屋の名物料理です。

お茶碗に自分でよそっていき、
一杯目はそのまま

二杯目は薬味を載せて

三杯目はお茶漬けで

四杯目は自分の好きな食べ方で
いただきます。

このように、一度に三種類の食べ方が楽しめるのがひつまぶし、

うな重は重箱にうなぎが敷き詰められているものなんです。

ひつまぶしはこんな感じ

IMG_4173

一応、由来としては

うな重を作る過程で、できたうなぎのかけらなどを昔は乗っけていたらしい。

そのため、うな重よりは少し安く食べることができたんだとかなんとか・・・・

あとは、かけらから作っていることがわかりにくいように

わざと細切れにしておひつによそっていったらしい

ただ、ひつまぶしの方は、一度で3種類もの食べ方ができるため

なんだろう個人的にはすごい好き。

特に、わさび入れたり、ネギ入れたり、乗り入れたりする食べ方が個人的にはとっても好き。

あんなに美味しい食べ方があったのかと・・・・。笑

今まではうな重しかたべていませんでした。

これからはひつまぶしユーザーになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク