シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

モバイルルーターGL06P SIMフリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ちょっとしたことから

イーモバイル時代のモバイルルーターをもらうことがあったので、

調べてみたらSIMフリーだった。

K0000471640

ものはこちらのGL06P

詳細はこちら

http://www.ymobile.jp/lineup/gl06p/

ものとしてもともとバッテリーの持ちが12時間あるようなものなのということと

電波もつかみやすいということでとっても便利であることが判明

ドコモのMVNOの格安SIMをさして使っても、LTEは結構しっかりと掴んでくれる

電波の通信エリアなど細かいところがあまり書いている場所がないので、そこだけがちょっとネックで調べまくった結果

このような結果に

バンド帯は

LTE 4G(Xi)

  • Band3 (1800MHz)

3G

  • Band1 (2100MHz)
  • Band9 (1700MHz)

が使えるというもの。

ドコモのバンド帯

LTE 4G(Xi)

Band1 (2100MHz)
Band3 (1800MHz)
Band19 (800MHz)
Band21 (1500MHz)
Band28 (700MHz)
FOMA 3Gエリア

Band1 (2100MHz)
Band6 (800MHz)
Band9 (1700MHz) ※東名阪エリアのみ

このように見てみるとLTEのエリアはすくないものの、結構しっかりと掴んでくれるので

格安SIM入れておくだけであれば結構いいものなのかもしれない。

ただ、格安SIMは入れるだけであると使えないので

少し設定する必要がある。

http://192.168.13.1/

から初期設定をすることができるので、

右側のGL06P設定ツールログインからユーザー名adminパスワードadminでログインする。

次に設定のWAN設定の場面から

スクリーンショット 2015-08-02 4.34.57

プロファイル設定をする

プロファイル設定というところを選択し

スクリーンショット 2015-08-02 4.35.43

次にキャリアのAPNを設定する。

自分の場合はOCNのSIMの設定をすればいいので、

以下のようにすればいい。

スクリーンショット 2015-08-02 4.35.52

プロファイル名は好きな名前

接続番号はいじらない

ユーザー名はmobileid@ocn

パスワードはmobile

認証方式はchap

APNはLTE端末用:ltd-d.ocn.ne.jp

を入力すればいい。

OCNの公式からそのままそっくり入力するだけでいいのである。

http://support.ntt.com/ocn/support/pid2990041000

ちなみに、3G端末用というAPNもあるが、これを入力すると接続できないのであくまでLTEの方を入力する必要がある。

最後に保存をしたら

左上の接続のところから

プロファイル設定が先ほど作ったやつになっているか確認

なっていなければ接続先変更で変更して

再起動して終了。

スクリーンショット 2015-08-02 4.36.11

結構簡単に設定はできる。

もの的にも悪くないし、接続も良好なので、もしGL06Pなどを持っていたら捨てないでとっておいてもいいかもしれない。

ちなみに、イーモバイル時代のルーターは結構SIMフリーの端末が多いため、

調べてから捨ててもいい。

最後に

GL06Pでは、ドコモのLTEでは使用不可となっています。→サービス概要 – 動作確認済み端末

と書いてあることブログを発見したので訂正させてもらいたい。

GL06Pは自分の環境であれば少なからずLTEを接続できている。

自分の場合はOCNだが、これはIIJであってもOCNであってもドコモのバンドで同じLTEの変わらない帯域なので

接続はできるだろう。

まぁ公式で動作確認してないよってだけであるだろう。

スポンサーリンク