シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

かき氷屋さん埜庵(のあん)に行ってきたー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ここ最近有名な

天然氷を使った埜庵(のあん)というお店に行ってきたので

食レポ!!!

お店は

小田急線の鵠沼海岸駅から徒歩2分もかからないところ。

ほぼ目と鼻の先と行って良いレベル。

地元の人は鵠沼公民館に行こうとするとその手前にあるといえばわかるのだが、

そうでないとちょっとわかりにくいかもしれない。

お店の写真はこんなかんじで、

あ、ここなんですか?

こんな感じのお店何ですか・・・ってっきり別の場所かと・・・・?

と思うぐらいの普通のお家の駐車場でやっているレベルのところである。

IMG_4016

行くと、自分の時は店長が店頭にたっていて、整理券わたすから、この時間にきてや!!

自分は11時に行き、11時半〜11時45分までに戻ってこないと無効やで!!

という整理券をもらった。

行った時は平日の朝だったので混んではなかったが普段はとても混んでいるようで、自分の友人が行った時は、11時に行って、4時半のチケットを渡されたという笑

さすがにつらすぎであるwww

ちなみに整理券をもらったからといって必ず食べれるわけではないらしく、氷がなくなったら終わりだとか・・・・。

メニュー

メニューは季節によって色々変わるらしい。

IMG_4017

自分は生メロンみるくを食べてみた。

IMG_4018

色々種類があり

生メロンにも

生めろんと

生めろんミルクがあるらしい

どう違うのだよ!!と突っ込みたいところなのだが、

違いとしては、生めろんは最初からメロンのシロップがかかっており、あとからミルクをじぶんで

かけるようになっており、

生めろんミルクの方は、最初からミルクがかかっており、あとから自分でメロンをかけるという選択らしい

やっぱり、結果どう違うのかはあまりわからなかった。

修行がたりないのだろうか・・・・。

値段はほぼ970円と考えていいだろう。

考察

確かに、普通のかき氷と違って、氷もさくさくしていて、ガリガリしていない

更に、シロップもただのシロップではなく、生めろんというだけあって

果実っぽい味がした。

ミルクの方もこだわっているだけあるのだろう。

メロンをかけないでミルクだけでもとっても美味しい。

今回は誘われて行ったが、何回も行くかというと、そうでもないだろう。

970円という値段はかき氷にしては割高で、

個人的には食べ物にこだわらないので、セブン-イレブンのしろくまくんを3つかって

3日間毎日食べたほうが、幸福度は高いのではないかと考えてしまう。

ただ、高いのには理由があり、天然氷であっても、貴重なもので

手の込んだモノである。

冬に2週間かけて、ため池でゴミなどが入らないように手作業で作っている。

基本的には機械に頼らず、人口でやっている

昔ながらの精工で、綺麗な天然の氷を作っている日光市の三大氷室

ここから氷を買っており、それでかき氷を作っている上で、さらに、

埜庵の人が手間暇込めてシロップを作っているので、この値段でも妥当というところだろう。

まぁ、自分としては、美味しかった、でも高いかき氷だな

しろくまくんでいいかな

と思えてしまう。

そこは個人の感想なのだろう。

埜庵ホームページ

http://kohori-noan.com

食べログ

http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14002792/

日光市の三大氷室のことについて

http://mobasei01b.at.webry.info/201209/article_5.html

スポンサーリンク