シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Stick Computerのレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ちょっと前に流行った

スティックコンピューター

買ってみたのでレビューをしてみたいと思う。

自分が買ったのは

MS-NH1というマウスコンピュータのモデル。

スクリーンショット 2015-07-24 19.56.22

メーカーURL

http://www.mouse-jp.co.jp/abest/m-stick_nh1/

インテルからも似たようなのがでていて

Compute Stick(CSTK-32W)

http://www.iodata.jp/product/pc/pc/cstk-32w/

というものもある。

何が違うのかというと正直性能だけで言えば全く変わらない。

ただ、少しインテルのほうが排熱がよく、キーホルダーを付けることもできたりするため、優れているのではないだろうか・・・。

というぐらいである。

ただ、自分が働いている店舗でたまたま、ミスなのか知らないが本部支持で、超特価になっていたため購入してみた。1.2万で購入できるのであれば

なかなかなのではないだろうか・・・?

というところである。

OSはwindows8 with bing というもので、普通のwindows8と何が違うのかというと正直わからないところ。

調べてみたら、IEでのホームページがbingというもの(変更できる)

というだけであった。

ものとしては満足がいっていて、windows8のサブ機として使えるのでいいのではないだろうか。

ただ、メインパソコンとしてはもちろん向かないというところ。

さらにもうひとつ言えるのがあまり大きなモニターに接続すると

熱暴走してしまうということが判明した。

普段使ってるのは20インチのパソコン用のモニターだが、

40インチぐらいのテレビに接続して使ってみると、すぐ熱暴走をしてしまう。

また、officeなどを自分で購入していれたり、使ってみるのは問題ないのだが、もちろん容量不足に悩まされることになるだろう。

サブ機としてちょこっと使うという名目で使っているので

自分の場合は16GBも容量を使っていないので問題ないのだが・・・・。

また、為替のニュースやMT4で9つのチャートを出すぐらいであれば

問題なく使えている。

それ以外にも10000mHAのモバイルバッテリーでも起動がすることができるが、2Aの出力がないと動かない。

などといったところであった。

また、windows10へのアップグレードプログラムも表示されているため、できるのだろう。

しかし、よく調べてみるとwindows10 with bing というものになるのだと思われる。

また、言語は日本語から変えることはできない。

無線もBGNだけしか対応していないため、速度はあまり期待しないほうがいいかもしれないのと電波をつかむ強度も弱い。

ただ、サブとしてちょこっと使いたいとか、為替を表示させたい。

ニュースを表示させたいぐらいであれば

安いので持って来いかもしれない。

ゲームをやろうとか重い処理を使用というのはやめたほうがいいと思う。

まぁアマゾンでも1.8万ぐらいなので、その倍をだして価格ドットコムで3万ぐらいのパソコンを買うのもありだとは思う。

ただ、排熱がすごく悪いため、熱くなってしまう。

しかし、だからといってインテルのモデルがいいかというとそういうわけではなかった。

また、新しくマウスコンピュータも排熱がいいバージョンが出るらしいが、性能も変わらず

さほど変わらないので気にしなくてもいいだろう。

値段で考えればネット用途として使うのであればすごくいいと思う

スポンサーリンク